MENU
高専受験にオススメの過去問 詳しくはこちら

高専の学費は安い?授業料無償化は対象?普通高校と比較しながら徹底解説

高専学費
  • URLをコピーしました!

高専の学費ってどれくらいするの?普通の高校より安い?

高専は「親孝行だね!」「コスパいいよね」って言われたけどどういうこと?

「高等学校等就学支援金制度」って高専でも使えるの?

高専の学費がどれくらいかかるのか、気になる人も多いのではないでしょうか?

高専は5年制の学校なので、普通の公立高校に比べると学費は高くなります。

ですが高専の学費を考える場合、大学を卒業して「学士」を得るところまでと比べるべきです。

今回は高専5年間の学費だけでなく、専攻科進学や大学編入して学士を取得するまでの学費を詳しくみていきます。

公立高校から大学卒業までの学費とも比較してみるので、ぜひ参考にしてみてください。

※ここでの解説は、国立高専の場合です。

結論を先に見せておくと以下の表のようになります。

学士取得までの
学費合計
高等学校等就学支援制度
ありなし
国立高専
+専攻科
1,455,0001,811,400
国立高専
+国立大学
2,254,8002,611,200
公立高校
+国立大学
2,430,8502,787,250
「学士」取得までの学費合計比較表(単位:円)
目次

国立高専の学費は5年間でトータル126万円

国立高専は5年制のため、公立高校の3年間に比べると授業料は高くなります。

では、詳細を見ていきましょう。

国立高専と公立高校の「入学金」と「授業料」

国立高専と公立高校の入学初年度は、授業料に加えて入学金も加わります。

  • 国立高専の入学金は84,600円
  • 公立高校の入学金は5,650円
  • 国立高専の授業料は年間234,600円(月額19,550円)
  • 公立高校の授業料は 年間118,800円(月額9,900円)

入学初年度の学費をそれぞれ表で比較します。

単位:円

スクロールできます
項目国立高専公立高校
入学金84,6005,650
授業料234,600
(19,550/月)
118,800
(9,900/月)
合計319,200124,450
国立高専と公立高校の入学初年度の学費

入学金、授業料ともに入学初年度は、国立高専の方が高額で194,750円も差となりました。

国立高等専門学校の授業料その他の費用に関する省令 | e-Gov法令検索

国立高専5年間と公立高校3年間の学費

では国立高専5年間と公立高校3年間の学費合計をみていきましょう。

「高等学校等就学支援制度なし」(単位:円)

スクロールできます
項目国立高専公立高校
入学金84,6005,650
授業料
1年生
234,600118,800
2年生234,600118,800
3年生234,600118,800
4年生234,600なし
5年生234,600なし
合計1,257,600362,050
「高等学校等就学支援制度なし」国立高専と公立高校卒業までの学費

国立高専5年間の学費合計は1,257,600円、公立高校3年間の学費合計は362,050円となり約90万円も差が出ました。

国立高専5年間と公立高校3年間の学費で比べると、高専のほうが圧倒的に高くなりました。

世帯年収910万円未満は「高等学校等就学支援制度」が適用される

国立高専と公立高校の学費を述べてきましたが、「高等学校等就学支援制度」というのもあります。

「高等学校就学支援制度」は、世帯年収が910万円未満であれば月額9,900円(年間118,800円)支給されるといった支援制度です。

高等学校等就学支援金制度:文部科学省 (mext.go.jp)

高専の場合も高校3年間と同じで、1~3年生の3年間が対象期間になります。

公立高校の授業料は月額9,900円なので、世帯年収910万円未満であれば実質授業料タダです。

高専の場合は月額9,900円(年間118,800円)引くと、1~3年生までは授業料年間115,800円になります。

「高等学校等就学支援制度あり」(単位:円)

スクロールできます
項目国立高専公立高校
入学金84,6005,650
授業料
1年生
115,8000
2年生115,8000
3年生115,8000
4年生234,600
5年生234,600
合計901,2005,650
国立高専と公立高校卒業までの学費(単位:円)
「高等学校等就学支援制度」あり

差は変わりませんが、高等学校等就学支援制度が適用されると国立高専も公立高校も最大356,400円もお得になります。

「学士」を手に入れるまでの学費を比較

これまでは高専5年間(本科卒業まで)と公立高校3年間の学費を比べてきました。

いまや公立高校も高専も大学へ進学する人が多くいます。

そのため、大学へ進学して「学士」を得られるまでの学費をみてみましょう。

高専本科卒業後、専攻科へ進学する場合

高専本科を卒業して、専攻科へ進む場合の学費をみてみましょう。

専攻科へ進んでも授業料はそのまま変わりませんが、再度入学金を払わなければなりません。

また「高等学校等就学支援制度」あり・なしのパターンで表にします。

(単位:円)

スクロールできます
項目国立高専本科+専攻科
高等学校等
就学支援制度
なしあり
入学金84,60084,600
授業料
1年生
234,600115,800
2年生234,600115,800
3年生234,600115,800
4年生234,600234,600
5年生234,600234,600
専攻科
入学金
84,60084,600
1年生234,600234,600
2年生234,600234,600
合計1,811,4001,455,000
国立高専本科卒業後、専攻科へ進学する場合の学費

高専本科卒業後、国立大学へ進学する場合

高専本科を卒業して国立大学へ進学する場合の学費をみてみましょう。

文部科学省によると、国立大学の学費は年間535,800円で、入学金は282,000円となっています。

国公私立大学の授業料等の推移(文部科学省)

こちらも同様に「高等学校等就学支援制度」あり・なしのパターンで表にします。

(単位:円)

スクロールできます
項目国立高専本科+国立大学編入
高等学校等
就学支援制度
なしあり
入学金84,60084,600
授業料
1年生
234,600115,800
2年生234,600115,800
3年生234,600115,800
4年生234,600234,600
5年生234,600234,600
国立大学
入学金
282,000282,000
1年生535,800535,800
2年生535,800535,800
合計2,611,2002,254,800
国立高専本科卒業後、国立大学へ進学する場合の学費

国立高専の本科を卒業して国立大学へ編入すると、学費の合計は「高等学校等就学支援制度」なしで2,254,800円、ありだと2,611,200円となりました。

公立高校卒業後、国立大学へ進学する場合

最後に公立高校を卒業して国立大学へ進学する場合の学費をみてみましょう。

(単位:円)

スクロールできます
項目公立高校+国立大学
高等学校等
就学支援制度
なしあり
入学金5,6505,650
授業料
1年生
118,8000
2年生118,8000
3年生118,8000
国立大学
入学金
282,000282,000
1年生535,800535,800
2年生535,800535,800
3年生535,800535,800
4年生535,800535,800
合計2,787,2502,430,850
公立高校卒業後、国立大学へ進学する場合の学費

公立高校を卒業して国立大学へ編入すると、学費の合計は「高等学校等就学支援制度」なしで2,787,250円、ありだと2,430,850円となりました。

まとめ|「学士」を得るまで考えると本科+専攻科が最強!

これまで述べてきた学費をそれぞれ表にします。

(単位:円)

高等学校等
就学支援制度
公立高校
卒業
国立高専
本科卒業
国立高専
+
専攻科
国立高専
+
国立大学
公立高校
+
国立大学
あり5,650901,2001,455,0002,254,8002,430,850
なし362,0501,257,6001,811,4002,611,2002,787,250
それぞれの学費合計比較表

高専5年間と公立高校3年間の学費を比べると、高専の方が90万円ほど高くなりました。

しかし、専攻科や大学に進学して「学士」を得るまででで考えると、公立高校よりも高専のお得になります。

内訳は以下のようになります↓

(単位:円)

スクロールできます
項目国立高専+専攻科国立高専+国立大学公立高校+国立大学
学年高等学校等
就学支援制度
あり
高等学校等
就学支援制度
なし
高等学校等
就学支援制度
あり
高等学校等
就学支援制度
なし
学年高等学校等
就学支援制度
あり
高等学校等
就学支援制度
なし
入学金高専
1年生
84,60084,60084,60084,600高校
1年生
5,6505,650
授業料①115,800234,600115,800234,6000118,800
授業料②高専
2年生
115,800234,600115,800234,600高校
2年生
0118,800
授業料③高専
3年生
115,800234,600115,800234,600高校
3年生
0118,800
入学金高専
4年生
0000大学
1年生
282,000282,000
授業料④234,600234,600234,600234,600535,800535,800
授業料⑤高専
5年生
234,600234,600234,600234,600大学
2年生
535,800535,800
入学金1年生84,60084,600282,000282,000大学
3年生
00
授業料⑥234,600234,600535,800535,800535,800535,800
授業料⑦2年生234,600234,600535,800535,800大学
4年生
535,800535,800
合計金額1,455,0001,811,4002,254,8002,611,2002,430,8502,787,250
「学士」を得るまでの学費比較表(単位:円)

公立高校から国立大学へ行って「学士」を得るよりも、高専からのほうがお得なことがわかります。

とくに国立高専本科+専攻科と、公立高校+国立大学で比べると100万円近くの差が出ます。

ゴリ

学費だけ考えると、高専本科+専攻科のパターンが最強ということですね!

補足|教育にかかる費用は「入学金と授業料」だけではない!

今回は入学金と授業料だけを比較してきましたが、国立高専も公立高校もその他の教育にかかる費用があります。

  • 教材
  • 運動服
  • 修学旅行
  • 通学費
  • 寮費
  • 部活動
  • 塾、予備校
  • その他諸々

教材や運動服、寮費にかかる費用などは、各高専でのホームページで公開されているのでチェックしてみてください。

カンタンに調べてみると、教材や運動服代などで年間約30万円、寮費は年間約45万円となりそうです。

スクロールできます
項目金額
学生会、教科書、
運動服代など
約300,000円/年
寮費約450,000円/年
国立高専の入学金、授業料の他にかかる費用

部活動をしたり塾へ通ったりすると、もっと費用がかかるので頭に入れておきましょう。

高専学費

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次